商品・キャンペーン

[02.04.27]「新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金」による資金繰り支援に係る大分県商工会連合会との覚書の締結について


 大分県信用組合(理事長 吉野一彦)は大分県商工会連合会(会長 森竹治一様)と新型コロナウイルス感染症の影響拡大を踏まえ、大分県内17の商工会に加入する会員7千人超に対して資金繰り支援を行うため、覚書を締結しましたので、お知らせいたします。


1.覚書締結概要
 大分県内の商工会の会員7,000人超に対して「新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金」を活用した資金繰り支援を協力して行う。

2.具体的内容
  (1)「新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金」を活用した新規融資の積極的な取組支援や貸出後の事業者の返済能力の変化を適時適切に捉えた支援
  (2)地方公共団体の制度融資を活用した実質無利子・無担保の融資制度について地方公共団体・信用保証協会等への手続き支援

3.覚書締結日  令和2年4月23日(木)

4.大分県信用組合支援窓口
  県内各商工会を担当エリアとする24店舗と中小企業支援センター

<体制図>


<大分県商工会連合会 対象支援先(商工会名)>
(県北ブロック)・中津市しもげ・宇佐両院・西国東・姫島村・国東市・杵築市・日出町
(県央ブロック)・日田地区・玖珠町・九重町・由布市・野津原町
(県南ブロック)・九州アルプス・豊後大野市・野津町・佐伯市番匠・佐伯市あまべ


写真(右) 大分県商工会連合会 会長 森竹 治一 様
写真(左) 大分県信用組合  理事長 吉野 一彦

以 上