けんしんの求める人材

大分県信用組合のビジョン

わたしたちのドリーム

職員一人ひとりの個性を育み活かし、地域とともに、暮らしとともに、豊かな未来をわたしたちは目指しています。
大切なのは、心と心のかよい合う人と人との結びつきなのです。
それは「街へ 暮らしへ 気持ちいっぱい」というモットーに生きています。
人の違いはあっても、誰でもできることがあります。自分自身を素直に見つめること。
そこから思いやりの心が生まれ、心のかよった言葉が生まれるはずです。
そういう人、そういう「あなた」が必要とされ、求められています。

スキルよりもヤルキ。情熱です。

わたしたちは、あなたのスキルやキャリアなどよりも情熱の強さを求めています。
情熱とは、この大分県の地で、自らの思い描いたドリームの実現に向かって、とことん仕事に打ち込める心です。
また、全力を傾けながらも、自由な発想や、楽しむ心を忘れずにいられることです。
そして、もうひとつ、こころの「やさしさ」を求めます。お客様のライフプランナーとして、年齢層や環境の異なる様々なお客様と同じ目の高さで会話ができるかどうかということなのです。

迷いも全部話してください。一緒に考えましょう。

採用とは、一方的に私たちが合理的な手法で、あなたを選ぶということではありません。
長く付き合っていくパートナーを探しているのです。
だから、私たちはあなたを「知ろう」とします。あなたも「けんしん」をよく「知ろう」として下さい。
私たちは、企業訪問などでお会いするときに注意しているのが、応募者の方の不安や悩みをできるだけお聞きするということです。
あなたが「けんしん」に入組することによって、あなたの夢が実現するのか、またその悩みは解決され、生き生きと仕事に取り組むことができるのか。
採用、不採用のいずれにせよ、納得のいくまで「話すこと」「考えること」を大切にしていきましょう。

面接ではこんな人と会いたい。話をしたい。

「熱意」を持っている人がいいですね。ある事柄について「これなら誰にも負けない」というものを持っている方は、「けんしん」に活躍の場が多くあると思います。
そのような方は、いろいろな失敗を経験してきていると思います。何か筋のとおった「自信」があれば、謙遜することなく、教えてほしいと思っています。完璧じゃなくてもいいんです。
これまで、どんなトラブルを経験して、どう対応したのかといったあたりにも、あなたらしさが表れると考えています。気軽に相談するつもりでお話しいただけたらと思っています。