• 平成20年12月に施行された「電子記録債権法」により創設された、ITを活用した新しい方法です。
  • 手形や売掛債権の問題点を解決し、中小事業者の資金調達の円滑化を図ることが期待されています。
  • インターネット(PC)等を通じて、電子記録債権を記録・管理する電子債権記録機関の記録原簿へ電子記録することで、支払に利用することができます。

 
  • 全国銀行協会が設立した電子債権記録機関が「株式会社全銀電子債権ネットワーク」です。信用組合をはじめ全国の金融機関が参加します。
  • 株式会社全銀電子債権ネットワークの通称を「でんさいネット」と呼び、同社による電子記録債権を「でんさい」といいます。

お取引信用組合を通じてでんさいネットの記録原簿に「発生記録」を行うことで、「でんさい」が発生します。
お取引信用組合を通じてでんさいネットの記録原簿に「譲渡記録」を行うことで、「でんさい」を譲渡できます。必要に応じて債権を分割して譲渡することもできます。
支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、納入企業の口座へ払込みが行われます。でんさいネットが支払が完了した旨を「支払等記録」として記録しますので、面倒な手続きは一切不要です。
また、手形と異なり、納入企業は支払期日当日から資金を利用することが可能となります。

※図をクリックすると拡大します。


 でんさいを使えば、手形の発行、振込の準備など、支払に関する面倒な事務負担が軽減されます。手形の搬送コストも削減できます。
 手形と異なり印紙税は課税されません。
 手形、振込、一括決済など、複数の支払手段を一本化することも可能となり、効率化が図れます。
 ペーパーレス化により、紛失や盗難などの心配がなくなります。厳重に保管、管理する必要がなくなりますので、無駄な管理コストを削減することができます。
 必要な分だけ分割して譲渡や割引をすることができます。手形にない、でんさい特有の大きなメリットです。
 支払期日になるとお取引信用組合の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続は不要です。手形と異なり、支払期日当日から資金をご利用いただくことができます。  でんさいは流通性の高い債権です。でんさいであれば、これまで資金繰りのために利用できなかった債権も、譲渡や割引などが可能になり、無駄なく有効に活用することができます。

詳しくは、でんさいネットのホームページをご参照ください。
でんさいネットホームページへ[外部サイト]