商品・キャンペーン

[27.08.27]宇佐市との「地方創生の実現に向けた包括連携」について 

 大分県信用組合(理事長 吉野一彦)は、当組合の地方創生の取組の一環として、平成27年6月12日(金)から「ふるさと元気ローン」の取扱いを開始しておりますが、この度、新たに宇佐市との提携を行いました。既に提携している豊後高田市、豊後大野市、竹田市を含めた4自治体の本商品をご利用されるお客さまにつきましては、年0.3%の金利の引下げを行います。
 ふるさと元気ローンは、社会問題化している空き家問題に対し、空き家の解体費用、空き家の活用(購入・リフォーム)、移住定住に関するための費用にご利用いただけます。
 また、包括連携に先立ちまして取扱中の「レッツ健診USA定期」も好評発売中であり、宇佐市民の方々の健康維持と増進を応援する商品となっております。
 当組合では、本商品をはじめ『地方創生』の取組を積極的に行い、今後も自治体との連携を深めながら、地域のお客様のお役に立つ金融サービスの提供に努めてまいります。


1.提携の目的
 宇佐市と大分県信用組合の双方に関する理念および「地方創生」の実現に向け、相互に協力を行い将来にわたり「活力ある宇佐市」を維持することを目的としています。
 本連携の趣旨のもと、当組合は宇佐市に、金融サービスの提供及び整備を図ってまいります。
以上


H27.8.26 調印式の様子



ふるさと元気ローン概要

レッツ健診USA定期概要