商品・キャンペーン

[24.10.01] 預金規定等の暴力団排除条項の一部改正について

 当組合では、政府が策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せ)等を踏まえ、平成22年5月6日より、普通預金規定、当座勘定規定、貸金庫規定等に暴力団等の反社会的勢力を排除する条項(「暴力団排除条項」)を追加するとともに、口座開設等の各種取引のお申込み時に、お客様が反社会的勢力には該当しないこと等の表明し確約していただいておりますが、すべての預金規定及び貸金庫・保護預り規定に「暴力団排除条項」を導入することといたしました。
 また、東日本大震災の復興事業に関する暴力団の介入事案の発生が危惧されていることから、警察庁及び金融庁からの要請を受け、暴力団排除条項を実態に即してより明確化するため預金規定等を改正し、反社会的勢力の排除を一層適切かつ有効に行えるよう平成24年10月1日から適用させていたただきます。
 なお、改正後の規定は、改正前からお取引いただいているお客さまにも適用されますのでご了承願います。
新規取引申込み時に、反社会的勢力ではないことの表明・確約をお願いします。本表明・確約をいただけない場合は、お取引きをお断りさせていただきます。

 当組合では、今後も反社会的勢力との関係遮断に向けた取組みを積極的に行ってまいりますので、お客さまには、この取組みの趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。