商品・キャンペーン

[24.08.14]視覚等に障がいをお持ちのお客さまへの預金取引等における窓口対応について

 大分県信用組合では、視覚障がいのあるかたにも安心してご利用いただけるよう、書類へのご記入が困難なかたで、お客様の本人確認および意思確認が十分に行うことができるかたに限り、当組合職員が立ち会い、同行者(ご親族等)のかたからの代筆をお受けします。なお、同行者がいらっしゃらない場合は、職員が代筆させていただきます。
 また、目が不自由なお客様から申込書等の書類について代読してほしいとのお申し出をうけた場合は、職員が立ち会い、お取引内容が他のお客さまに聞こえることのないように十分に配慮し書類内容を代読します。

 大分県信用組合では、社会的な要望や金融機関の公共的な役割を踏まえ、全てのお客さまに便利にかつ安心してご利用していただけるよう、窓口での対応がスムーズに行えるルールの明確化とサービスの徹底に努め、お客さまの利便性向上と地域で信頼される金融機関を目指してまいります。

※詳しくはけんしんの窓口までお尋ねください。